気になるグルメを試すチャンス!送料無料お試しセット

2020年06月05日

ブーランジュリー サナのエシレバターロールと照焼チキンと野菜サンドとロールパンのある幸せ

市街地の片隅、こぢんまりとやっていらっしゃる感じな
一軒のパン屋さん。
「Boulangerie Sana」さん。

食べログ
ブーランジュリー サナ Boulangerie Sana



その前を通ることは何度かあったもののいつも通り過ぎ。
過日、初めて伺ってみました。


オリジナルサンドイッチやバケット・ブレッドともに豊
富に用意されてて、どれにしようかな〜…迷い選ぶひと
ときも幸せなもの◎


いくつかピックアップしたうちのひとつ、照焼チキンと
野菜サンド。

照焼チキンと野菜サンド.jpg

メーカー既製品では考えられない、手作り感のあるボリ
ューミーなサンドイッチがうれしいのです◎



そして目について気になったのは、
「エシレバターロール」というロールパン。

帰って調べてみたら…発酵バターの有名銘柄のひとつに、
フランス産のエシレバターというのがあったのですね。
そのエシレバターを…つまり、発酵バターを使ったロー
ルパン。
リッチなロールパン。

「バターロール」も並んで置かれていたので、食べ比べ
てみたいと両方チョイス。


上の二個が普通のロールパン。
下の二個がエシレバターロールパン。

バターロール表.jpg

バターロール裏.jpg

焼き色がいかにもおいしそうです◎




しっとりと、発酵バターの風味も濃厚なその食感はたし
かにおいしいもの。


でもリッチすぎて、お料理やお惣菜に合わせて一緒に頂
くにはちょっと重さを感じてしまいます。言ってみれば、
それはデザート感が強いもの。


比べれば…って話しで、普通のバターを使ったロールパ
ンに何の不満があるわけでもない。


対して、スーパーマーケットの店先に並んでいるような、
大手製パン会社のロールパン。
一個単価で倍以上の開きがあることになります。



そのどちらも、おいしくいただくことができる今の幸せ
を思ったりできたのでした◎
posted by fdmo at 16:56| Comment(0) | 日記

2020年04月22日

天八さんで天ぷら定食とホタテポテトホワイトチーズ

天八さんで天ぷら定食を頂いてきました◎


今日のメニューは一択。天ぷら定食◎

ごはんがボリューミーなのはわかっているから、「ごく
小」でお願いしました。
「天つゆいりません、代わりにお塩を付けて下さい」と
も。


お願いしてわくわくしながら待っていて、なにげにメニ
ューを見ていたら「ホタテポテトホワイトチーズ定食」
って「今日のおすすめ」コーナーに掲示してありました。

ホタテポテトホワイトチーズ…コロッケ仕立てなのかな?
今日のおすすめっていうことは早く売り切りたいメニュ
ーでもあるのかな?

気にとまって思いあぐねていても…いっちゃう?
せめておかずだけに…。
天ぷら定食に加えて、追加注文しちゃいました☆


揚げたてサクサクの天ぷらが山盛りな定食、それでその
良心的な価格はさすがとしか言いようがありません◎
天つゆにつけてしまうのが惜しくなるような天ぷらが山
盛りの定食。

天ぷら定食極小つゆ無し.JPG

そうして揚げたてな天ぷらが山盛りだから…一口目・二
口目くらいはいいのだけれど、食べ進んで時間が経つに
つれて天ぷらの揚げたて感がなくなっていき、後半はも
う揚げたてでもなんでもない普通の天ぷら。

なんか残念…といっても定食スタイルで提供するお店な
以上、それ以上はどうしようもないのかな。


頂いている間に届いた「「ホタテポテトホワイトチーズ
定食」のおかずだけ」。
天ぷら定食の脇で待機させておきます。

エリンギ・えび天・白身魚・かぼちゃ…おいしく頂いて
いって、野菜かき揚げに行き着いたころには水か油かな
んか吸っちゃってサクサク感はすっかり消えてしまって
います。


うん。

天丼よりは天ぷら定食が私は好きなんですね。


天ぷら定食を満喫できてから、さて次はお待たせの
「ホタテポテトホワイトチーズ」。

…って食べ始めてみて初めてわかりました、ホタテとじ
ゃがいもをメインにしたホワイトソースグラタン仕立て
なメニュー。

ホタテポテトホワイトチーズ.JPG
そうグラタンじゃないんです。でもイメージが一番近い
のはやっぱりグラタン。

そうしてテーブル脇で待たせていたのにもかかわらず、
まだまだその中は熱々で。ひとくち分をとってもそのま
ま食べることはできず、十分に冷ましてからでないと口
にすることができないのでした。



時間をかけて、ゆっくり頂いた二品。

すっかり食べ過ぎておなかポンポン☆


でも、まだ頂いたことのないメニューもあるよね?

またそのうち…◎
posted by fdmo at 21:54| Comment(0) | 日記

2020年02月02日

久しぶりの天八さんで天丼を頂きました◎

訪ねたのは大学近くの定食屋さん「天八」。

YAHOO検索
天八


普通に頼むとすさまじいほどの大盛りで提供してくれる、
ご夫婦おふたりで営まれてるお店。

期待値からすっかりその気分であった天丼を…、ごはん
少な目で頼みました。


やがて提供していただいた天丼!

天丼初景300.jpg

相変わらずのボリューム感♪☆

天丼300.jpg


ですがそれは生憎なことに、天つゆが上からかかってい
たのでした。

普通、天丼といえばそんなものでしたね。
天丼自体頂くのが久しぶりで、すっかり忘れていました。

揚げたて天ぷらの味わいを楽しみながらごはんをゆっく
り頂きたいなんて思いがあるのなら、天ぷら定食にする
のでしたね。


今回初めて、秤を持参して行きました。

天丼(少なめ)(提供時)1095.6g

天丼の器395.4g

中身正味重量700.2g


普通、一般的に天丼は300〜400gくらいで、大盛
りでも400gからせいぜい500gほどになる様子で。

それを思えば少なめ盛ですでに一般的それの二倍量!
並の大盛りをはるかに越えた目分量!!

成長期・育ち盛り・食べ盛りには強い味方ですね。
相変わらずさすがです◎


天丼空300.jpg


一見客と同じ対応を頂き、覚えてなくても無理ない…な
んて、ごちそうさまでしたとお会計して帰ろうかと思っ
たら。

「お久しぶりです。西の方へ行かれると以前伺いました
が…」


あらびっくり!

「そうなんです。最近こっちへ帰ってきまして。またち
ょくちょく寄らせて頂きたいと思います」

覚えていて下さった☆


思えば天八さんへ始めて訪ねたのは、当時近所同期のO
君に教えてもらって一緒に訪ねたのが最初。十代のころ
だったかな。

私はこの間に父は亡くなり母は施設の人となり、いろい
ろありました。だけれど変わらず・変わらぬスタイルで、
おふたりで元気に現役で営業していらっしゃる。

微笑ましく、素晴らしいことですね◎
タグ:天丼 天八
posted by fdmo at 16:28| Comment(0) | 日記

2019年03月05日

いちかわ珈琲

赴任先の静岡県湖西市新所原駅前にあった個人経営(?)
なこじんまりとした喫茶店「いちかわ珈琲」。

人知れず上等なものを提供していてくれたりするそんな
個人経営。結構侮れず、期待を裏切る喜びや楽しみをく
れたりするのでそういうお店の訪問って楽しくって好き
だしわくわくします◎


そうして訪ねてみたいちかわ珈琲。
オーダーして、頂いたのはランチタイムのサービスメニ
ュー「ランチ」・

養豚施設が多い土地だしもしかして?…って
「このハンバーグなど自家製ですか?」
って聞いてみました。

いちかわ珈琲新所原181104.jpg

でも特に思い入れやこだわりのない市販業販品であった
ようです。
^^;


食後にセットとして頂いたコーヒー。
サイフォンで提供されたそれはサイフォンらしい癖のな
いやさしい飲み口・口当たり。(意地悪く言えば味わい
のない軽いものとか^^;)
きっと地元でこの何十年来やっていらっしゃるのでしょ
うね。

サイフォンでやっていらっしゃるお店って、高度成長期
や学生運動花盛りな頃からやっていそうな雰囲気を感じ
たりします(もちろんその実はわかりませんし知りませ
んが)。


そうしていたら地元の主婦(?)然とした方がみえて、
注文するでもなく(お客さんじゃない?)エプロンつけ
たりする風でもなく(バイト・お店の人でもない?)、
お店の人とその同居親族なおじいさん・おばあさんに関
した話し・雑談をしたりしています。

この土地・地元で何十年来やっていらっしゃるからこそ
できる信頼関係を垣間見ることができた気がしました。

自家製ケーキ・シフォンケーキも売りであったりするよ
うです☆



ランチはワンプレートランチ+αな感じで過不足なく、
安心して頂ける…悪く言うと新鮮な驚きや喜びのないあ
りふれたランチになりました。


ありふれたランチをありふれた価格で、地元の空気感と
共に安心して静かに頂くことができる。

幸せすぎるランチタイムなのでした◎
posted by fdmo at 15:33| Comment(0) | 日記

2018年06月14日

サラダたい焼き

へぇ〜!って1月からご縁を頂いた地での、初めての出
会い!初体験!!
それはスーパーの店先にありました☆

普通のたい焼き…あんこやカスタードクリームが入った
たいやきと並んで売られていたサラダたい焼き。
キャベツの千切りをあんにしたたい焼きですね。一匹1
20円。
へぇ〜。

サラダたい焼きU.jpeg


ご主人曰く…
その地元ではこま切れ肉を入れていたけれどそれをベー
コンに変えてみた…とのこと。


お好み焼きを思えば?
たい焼き生地にキャベツを入れる…それも十分ありなの
でしょう◎


サラダたい焼きカット.jpeg


キッシュ然としたたい焼きをおいしく頂きました♪
意外な?新しい?驚きもさしてなく。
普通においしく頂けたことのほうがむしろ意外な驚き。



ただ私にはベーコンの味が濃すぎでした…。
これ以上ないくらいにわかりやすい洋風テイスト;

こま切れ肉のほうを食べてみたかったな〜。。。
posted by fdmo at 16:09| Comment(0) | 日記

2018年01月21日

T社食記

2017年春の着任時に定食¥370−.を頂いたけれ
ど、それを味わって頂くのにお昼休みの40分は短すぎ
る!…ということで会社で頂く食事はいつも一汁一菜。

ごはん+汁物+ミニサラダ+ふりかけ&お漬物各種☆
(画像いちばん上)

ごはん30+汁物30+ふりかけ&お漬物各種0=¥6
0−.という魅力もあり♪



転属の話しを頂いてから、「もう頂けなくなる!」と意
識して定食を頂くゲンキンな私。

時間制約が残念だったけれど、充実メニューが市価の半
値以下にもなるその価格で頂けることはありがたい場で
した。

T社食.jpg



たまにお持ち帰り・おみやげに頂くおにぎりは一個¥5
0−.♪♪
(右画像)



三段目画像が12月24日のクリスマスイブ、豚生姜焼
き定食+コーヒーゼリー&お菓子付☆
四段目画像が12月25日のクリスマス、オムライス+
チキンソテー+シュークリーム(紙袋)付☆



最後はポークソテー定食で締めくくることになりました。
トマトソースで頂く肉厚なポークソテー!…それはもち
ろんおいしかったのだけれど、個人的には塩こしょうで
頂きたかったりとか☆
最後ということでミニカレー¥100−.も奢り♪
タグ:社食
posted by fdmo at 07:57| Comment(0) | 日記

2018年01月03日

柿の海

暮れに地元スーパーの店先で出会った、かごに盛られた
見切品の柿たち☆

ありがたく頂きましょう♪
…と持って帰ってくる途中…

スーパーのレジ袋に入れられた柿たちは自重に耐えられ
ず?
歩いて帰りつくころ…袋の中は柿の海と化すのでした;

柿の海.JPG

  その海をすべて飲み干し(神話か?ww)
ありがたく頂いて、柿でお腹いっぱいになる私なのでし
た☆♪
タグ:神話 柿の海
posted by fdmo at 14:54| Comment(0) | 日記

2017年09月10日

見切品と出会いと一期一会と喜び

閉店間近のスーパーなどで出会う見切品。


これもひとつの出会い!

それこそ一期一会!

およそ好き嫌いのない私にとってはすべてがごちそう!



…なんて思いとともに、よく利用させて頂いています♪


今まで知らなかった・縁が薄かった・忘れていた食材や
調理法と出会えたりして、喜びの宝庫のよう☆

moyaの日記
必要と欲望と騒音・雑音と哀しい話し
posted by fdmo at 12:38| Comment(0) | 日記

2017年08月24日

「暑い季節」と「水を飲むと噴き出す汗」と「丁度よい」と「不食と栄養学と科学」

水を飲むと暑い!

汗が噴き出します!!




暑い季節です。

ウォーターサーバーなどの冷たいお水がおいしいのです◎
ごくごくいけちゃったりします♪

仕事をしたり…何かしらの活動をして、汗をかいて。
のどの渇きを感じて、そこでいただくお水が最高におい
しくって!

そうして水を飲んだことがさも呼び水であるかのように、
飲んだ後に汗がさらに激しく噴き出してきたりします。

でもおいしいのだから・おいしくいただけるのだから、
それはきっといいことなのでしょう。
活発な新陳代謝だし☆

…などと思っていたけれど。



水を(も)飲まずに過ごしていると、暑さを感じなくな
り汗は止まり・汗の引く瞬間に出会えることがあります。
過不足なく、まさに「ちょうどよい」を感じる瞬間です。

moyaの日記
丁度よい

汗をかくというのは、汗をかくほどに体内の水分量が過
分だということなのかも?




さらに。
世の中には不食に生きる方がいらっしゃいます、何も食
べない・食べ物を必要としない生き方。
そうした方の中には水さえ摂らずに健やかに過ごしてい
らっしゃる方もいるそうで。

Yahoo!検索
「不食 水」の検索結果



人間の身体は70%以上が水であり、水分保持・水摂取
は生命線。
だとか。

生きる上で必ず摂取しなければならないビタミン・ミネ
ラルなどの必須栄養素。
だとか

この夏は水だけではなく塩分補給が大切だと塩飴が多く
出回ったりもしたようです☆



moyaの日記
「栄養と喜びの経験・体験」と「ファストフードと経済活動」と「栄養学と意味と大切なこと」
posted by fdmo at 15:59| Comment(0) | 日記

2017年07月19日

そば湯とウスターソースと薬味・調味料と醤油と世界

最近…世の中にはおいしいものがたくさんあったのだと
気が付くことが多いのです。


そんなひとつ!

そば湯のおいしさ!

その塩加減など絶妙!


今まで白湯みたいな感覚で何気に頂いてしまっていたけ
れど、その味わい深さはとっても奥深いもの!!



ウスターソースのおいしさ!

それはまさに野菜の旨味が濃縮・凝縮されたものだった
のですね!

初めてそうして感じることができました☆

恥ずかしながら若いころに感じた
「とんかつソースを水で薄めたようなウスターソースっ
てどこに魅力があるのかわからない」
なんて思いを持ったまま来てしまった気がします!




そしてたとえばおそばに添えられることの多い薬味・調
味料など。

まずはおそばならおそばをそのまま頂いてみて。

そしてつゆにちょっとつけて頂いてみてその味わいが広
がるのを感じ。

さらに薬味のひとつひとつ・調味料をひとつひとつを加
えてそれぞれ味わってみたり。


それらを加えることで、またそれをアレンジしたりコラ
ボさせたり、感じられる味わいの・世界の変化を楽しむ。

素材そのままでとても味わい深いのはもちろん、薬味・
調味料を加えることで生まれるその世界には果てしない
広さを感じます。

醤油、各種ソース、出汁…それぞれを味わっていても気
が付かなかった新たな世界があったりします。



おそばが用意されたらまず最初に薬味をすべてつゆに入
れて、そこにおそばを入れて・ひたして(!)食べる。
それが普通だと思い、それしかしてこなかった今までが
非常にもったいなく!悔やまれます;



例えば唐辛子などは辛い、例えば砂糖は甘い、それしか
ないのだけれど(唐辛子ならその産地による違いや、砂
糖ならその種類…グラニュー糖・上白糖・三温糖・黒糖
などなど…それぞれ味わいに微妙な違いはあるのだけれ
ど)。

色々なソースにある世界の広さを思うとその世界はいか
にも狭く感じてしまいます。

中でもお醤油の世界の広さは特筆もの!

野菜や果物ならそのままで豊かな味わいの中に甘さや辛
さを感じることができたりします!



もったいないことをしてきてしまったけれど、今からで
も遅くはない!

精一杯全身全力全霊でその世界を楽しませて頂きたいと
思います☆
posted by fdmo at 10:14| Comment(0) | 日記

2017年06月01日

かびたいちごと腐った人参と発酵食品と廃棄処分とパイナップルマーマレード

自宅近くのスーパーで買ったいちごパックと人参。その
時は食べきることができなくて、いちごはそのまま・人
参は下茹でだけしておいて〜もしも母の気が向いたらす
ぐに食べることができる状態で〜冷蔵庫に置いたまま、
私は仕事の出向先へ行き。

一週間ほどで戻ってきてみれば!

いちごは…一瞬その正体がわからないほどに!…カビに
覆い尽くされてすっかり姿を変えて!
人参は…かびは生えていないけれど、妙にぬめりのある
感触は今にも糸を引きそうな!つまりほとんど腐ってい
るのでしょう!
そんな状態になっていたのでした;

でも私はそれを諦めることができなくって、〜いちごは
お砂糖で・人参はお塩で〜そのまま頂きました!


もしかしたら身体が受け付けてくれないかも…なんて思
ったけれどそんなことはなく、まったく問題なく〜微妙
に食感は違うけれどww〜いちごも人参もおいしく頂く
ことができたのでした♪☆

お腹がグルグルうなっていたりうんちが少しゆるくなっ
たりはしたけれど、おなかを下したり痛いでもかゆいで
もなんでもなく、身体は消化してくれたようです。
なによりもおいしく頂けたことがうれしいのです!


かび毒や腐敗によって生じる毒によって健康を害するこ
とはあるのでしょう、だから決してそれをおすすめはで
きないしするものでもありませんが。

チーズ・ヨーグルト・味噌・納豆…などなどの発酵食品
って、そんな思いを持った人のトライ&エラーから発見
されたものなのかもしれませんね。



消費期限切れで廃棄処分にされてしまう食品の多さが問
題になったりもするけれど、そうでなくても〜根菜の葉・
葉菜の根・魚の頭や尾・さまざまな芯や皮…

なんでもまず茹でてみることが日常な最近。オレンジマ
ーマレードがあるのだから!先日はパイナップルを皮ご
とマーマレード・ジャムにしてみようと茹でてみました!
おいしくすべていただけましたが、やっぱり硬かったで
すww


…今まで捨ててきていたけれど、それもおいしく頂くこ
とができたものが思う以上に多いのです!
私たちは〜実はおいしく頂ける〜多くの食品を・多くの
命を捨ててしまっている気がします!☆
posted by fdmo at 18:47| Comment(0) | 日記

2017年04月26日

「一汁一菜で必要十分」と「味わい深い」と「命へ向き合う真摯な姿勢」と「空恐ろしさ」

fdmoの日記
一杯のめしを心置きなく頂くことができる、そのありがたさ。

実際、一汁一菜で必要十分だったのですね。
必要十分だし、それだけでとても味わい深いものでもあ
ったのですね!☆♪


そうして今、新たな機会を頂けている仕事・職場には社
食・社員食堂があります。

fdmoの日記
ごはん・お味噌汁おかわり自由」と「一膳だけでお願いします」と「心遣い」


時間時にはそこのメニューに「Aランチ」「Bランチ」
などが用意されていますが、豪勢過ぎて時間内には味わ
いつくせずとてもじゃありませんが食べきれません。
(一汁一菜だけで最低30分は欲しく、そんな副食・お
かずも揃ったものなら最低1時間は欲しいのだけど、そ
のお昼休み・ランチタイムは40分しかありません!)


そのメニューが普通な状況があるということは、そのラ
ンチメニューを頂きながら社員仲間のおしゃべりや、食
堂に用意されたテレビなどにも気を使うことが日常な状
況。

食へ・そこで頂く命へ向き合う真摯な姿勢。それを感じ
ることはとてもじゃないけれどできません。

決してそれはそこだけではなく、そこだけでないどころ
かむしろ世間一般的にはそれが普通であるのでしょう。

命を蔑(ないがし)ろにしているようで、空恐ろしさを
感じたりしてしまいます…。
posted by fdmo at 10:33| Comment(0) | 日記

2017年04月02日

「ごはん・お味噌汁おかわり自由」と「一膳だけでお願いします」と「心遣い」

新たに就業開始した企業、その社員食堂はごはん・みそ
汁のおかわり自由…だったのに…。

「定食のかたはおかわり自由ですがごはん単品のかたは
一膳だけでお願いします」

と厨房・調理担当のかたから声をかけて頂きました。



そこは利益を出している法人企業の社員食堂。

最初におかわり自由とアナウンスいただいたことに加え、
ごはん・お味噌汁それぞれが入った保温ジャーにもおか
わり自由と謳われていて。ありがたくおかわりさせて頂
いていました。


ごはん・お味噌汁、そこへ加えてその調理担当者が手が
けている4〜5品の副食・おかず。
その副食・おかずがセットになったA定食・B定食には
目もくれず、お漬物などだけでひたすらごはん・お味噌
汁だけを食べる人というのは調理担当としては不愉快な
存在であり、目について・気に障ってしまったのかもし
れません。

時間内で食事を終わらせることばかりに気を使っていて、
心遣いが足りなかったかもしれません;
posted by fdmo at 14:48| Comment(0) | 日記

2017年03月20日

自家製マーマレードと苦味とおいしさと発ガン物質

苦味のある自家製マーマレード。
その味わいが嬉しいのです♪

苦いマーマレードなんて、メーカーから市販などおよそ
望めないものでしょうね☆



おいしくって調子に乗って食べていて…数週間は持つか
と用意したものが…
マーマレード2月.JPG

この1週間ほどで終わってしまって;

新しいマーマレードをまた作ってみました。
2月の時よりも少し細かく刻んで。今度は安く見つけた
レモンも、果肉もまとめてそこへ入れてみました。

そうして出来上がったマーマレード。
マーマレード3月.JPG


それは甘さ控えめでちょうどいいのはもちろん、苦さに
加えて今度はレモンの酸味もプラス!

透明感がなくなってしまったように感じますが、それは
薄皮や果肉が入ったことによるのでしょうね。



気が付いたらなるべく国産を使うようにはしているけれ
ど、輸入物でもそれほど気にせず一緒に煮込んでいます。

それには発ガン物質である農薬が大量に使用されている
との情報もあって。発ガン物質をご丁寧に煮詰めて凝縮・
濃縮して頂いているのかもしれないけれど。



それでもおいしい自家製マーマレード☆

おいしいのだけれど、今度は調子に乗って食べ過ぎない
ようにしないと。(苦笑)
posted by fdmo at 16:19| Comment(0) | 日記

2017年03月12日

「素茹でふきのとうと塩」と「春を告げる苦味というおいしさ」と「その一瞬の味わい」と「大人の味わい」

最近…世の中にはおいしいものがたくさんあったのだと
気が付くことが多いのです。

ふきのとうのおいしさを、その苦さを最近ようやく知り
ました!


素茹でしただけのふきのとう、それをお塩だけで頂いて
みました。

素茹でふきのとう2017-3-3.JPG

決して違和感があるものでなく…毒素があったりして食
べてはいけないものを口にしたときにある苦味とはまた
違う、それを素直に受け入れて喜びや嬉しさにすること
ができる苦味。


以前天ぷらで頂いたことはあったけれど…それは「味付
は塩だけ」に走り始めた頃で、天つゆではなくお塩で頂
いたと記憶していますが。

moyaの日記
茶月でランチコース

その時は…今回のそれほどにはその味わいを楽しむこと
ができなかった、そんな気がします。

その苦味を感じ楽しみたい…というのなら、天ぷらの衣
でさえその障害になってしまうのかもしれませんね。


天然の苦み、そこに感じるおいしさ。

おいしく感じるのは間違いないのですが、その一刻・「
その一瞬の味わい」にも感じました。
甘さや辛さのように「もっと!もっと!」と、際限なく
食べたくなるような中毒性のあるものではなく。
もしそうしてもそこには違和感が生まれてしまいそうな、
それが「大人の味わい」というものなのでしょうか。ww

…自分が好きなものしか食卓に並べることのなかった我が
母。
その苦さは母にとって受け入れがたいものであろうことは
容易に推測できます。(苦笑


春を告げる苦味。
いいものですね☆

moyaの日記
「素茹でふきのとうと塩」と「春を告げる苦味というおいしさ」と「その一瞬の味わい」と「大人の味わい」と「分わ求める消費者」と「味わう楽しみと歓び」
posted by fdmo at 10:36| Comment(0) | 日記

2017年03月07日

屑・廃棄品のおいしさ

最近…身近においしいものがもっとあったのだと、私は・
私たちはそれを捨ててしまっていたのだと、あらためて
気が付くことができました。


魚の頭やしっぽ、それは食べられないもの・食べないも
のという思い込み・刷り込みがあって、食べないどころ
か手を付けることもなく捨ててしまっていました。
でも頂けるものなのだと知って、頂いてみたら…
それは今まで知らなかった食べごたえ・歯ごたえと味わ
い、おいしいじゃないですか!


レタスはその葉っぱ部分だけ頂いて、芯(茎・根付きの
部分)は食べずに捨ててしまっていましたが。思い立っ
て芯もそのまま頂いてみたら…おいしいじゃないですか!

キャベツも…そのままではいささか硬いかと思って茹で
はしましたが、頂いてみたら…おいしいじゃないですか!

パイナップルの芯や皮も…果肉しか頂いたことがなかっ
たけれど、そのまま頂いてみたら…おいしいじゃないで
すか!


それは固かったり苦味があったりして決して誰にとって
もおいしく頂けるものではないけれど、今私はそれをお
いしく頂くことができ・とってもおいしく感じています。



そういえばお米もそうですね。
玄米からおいしく頂ける部分だけを抜き出し・磨き出し
白米に仕上げ・仕立てる精米。
炊くのに時間や手間がかかったりはするけれど、玄米だ
っておいしく頂けるもの。
…だというのに。
そうして身体においしい栄養素な部分は捨ててしまって
いたりします!



頂く食べ物に感じる味わい、おいしいものは身体にもお
いしい・苦いものは身体にも苦い…毒素に対する反応・
センサーな部分であったりもするけれど。

〜良薬は口に苦し〜なんて言葉もあるから決してそこだ
けで判断はできないのですね。

味わいは味わいとしてそれを素直に楽しみ、歓びにした
いものです☆
posted by fdmo at 15:37| Comment(0) | 日記

2016年11月30日

一杯のめしを心置きなく頂くことができる、そのありがたさ。

一杯のめしを心置きなく頂くことができる、そのありが
たさ。


思いの片隅にあってもずっと先送りにしてしまっていた、
一汁一菜の食生活。

今日ようやく、そうして一食をゆっくり時間をかけて全
力全身全霊で味わい尽くして頂いてみれば…

それだけで素晴らしいご馳走であったことを改めて?初
めて?実感することができました。


何気なく頂いてしまう一口のご飯、一口の副食・おかず、
一口の味噌汁…。

その一口一口に今この世界の、今ここに生きていること
の素晴らしさを感じます。

そこに見出し感じる味わいが素晴らしいプレゼントであ
ったことを改めて実感しています。


おいしいとかまずいとかそんな次元じゃない、そもそも
まずいわけがない。

…なんて思えるのもおいしく頂けるものが揃った今この
幸せな世界だからなのかもしれませんが。
(⌒⌒

moyaの日記
「そこまで追い詰められてはいなかった」と「前向きな反応と前向きなプラン」と「一杯のめしを心置きなく頂くことができる、そのありがたさ」」☆
posted by fdmo at 23:21| Comment(0) | 日記

2016年11月20日

「豚足」と「骨付き肉の醍醐味」と「食の楽しみ」

スーパーで安くなっているのを見つけ、数年ぶり・久し
ぶりに豚足を頂きました♪

そうして今回初めて知ったのですが、骨付き肉の醍醐味
があったのですね!


過去何度か頂いたとき…

豚足っておいしいけれど食べられる部分が本当に少ない
よね!

…なんて思って、いつしか口から遠ざかってしまったの
ですが。

それは食べやすい部分だけしか食べていなかったから!!


食べていくごとに骨をひとつひとつきれいに取り出して
いく…そうして食べていってみれば、食べ残しのない達
成感と一緒に、思っていた以上に豚足を味わい楽しむこ
とができました♪


それは間違っても上品な食べ方じゃないから、外ではで
きない・自宅で一人で食べるとき限定になるけれど。


それに時間もかかるからそうそうやっていられないけれ
ど。



今まで見落としていた食の楽しみを新たに見出すことが
できました☆
(⌒⌒♪

posted by fdmo at 22:43| Comment(0) | 日記

2016年11月18日

「ルーティンワークな食事」と「味わいを楽しむせっかくの機会」と「食の楽しみはとっても奥深い」

ルーティンワークのように、やっつけ仕事のように食事
をしていませんか。

以前の私がそうでした。


1日3回朝昼晩。それが必須ノルマであるかのように。

1年で1095回の食事。

味わいを楽しむせっかくの機会。


それが本当に必要なのかどうか微塵も疑わずに、ほとん
どうわの空でろくに味わうこともしないでただ流し込ま
れていく食事、なんとなく惰性で繰り返される毎日の習
慣。



もっとしっかり味わいたいけれどそんなの1日3回もや
っていられない。そんなにヒマな人もいないでしょうし、
私だってそんなにヒマじゃない。

だから私は近年1日1食。


食の楽しみはとっても奥深いものである気がしています。
posted by fdmo at 23:03| Comment(0) | 日記

2016年11月12日

和調味料の相性の広さ

出汁・醤油・味噌・わさび・柚子胡椒・酢・七味唐辛子…
和調味料って洋食・中華・エスニック…何にでも合わせ
やすいね!

ふと何気に気が付きました!!


もちろんオリーブオイルとか豆板醤とか…その料理の地
元調味料がいちばんなのだけれど、それが無いとき代わ
りに和調味料を使ってもそんな強い違和感があることっ
てあまりないような気がします。


それはもちろん私の主観な話しで、強い違和感のある人
のほうが世の中には多いのかもしれませんが。
(⌒⌒;

moyaの日記
「和調味料の相性の広さ」と「日本語の相性の広さ」と「日本人の懐の広さ」と「セルフイメージ」
posted by fdmo at 22:07| Comment(0) | 日記